企業の移転に伴う不用品の処分の仕方

会社の移転、その不用品の処分の仕方は大丈夫ですか!?

>

パソコンと冷蔵庫の処分の仕方は?

パソコンの処分の仕方、ご存じですか?

オフィスのさまざまな金属製廃棄物のなかでも特に処理に困るのは、このパソコンでしょう。その理由は説明をするまでもないかもしれませんが、念のために簡単に説明すると、処分の仕方によっては、会社の機密事項が漏洩してしまう可能性があるからです。そして同様に個人情報が外部に漏れてしまう危険もあるからです。

これら2点の理由から、処分をするのに慎重さが必要となってきます。この場合、いったいどう処分すればいいのでしょうか?一番安心安全な方法といえば、パソコンメーカーに回収あるいはリサイクルを依頼する方法だと思います。

なぜならば、マニフェストの起票と管理が不要であることと廃棄物年間実績報告も不要になること、そしてなにより「安心・安全」だからです。

パソコンは、個人情報や会社の機密事項を取り扱っている場合が多いです。くれぐれも「安心・安全」を第一に処分をするようにしましょう。

冷蔵庫はどう処分すればいいの?

冷蔵庫も移転先のオフィスの広さや従業員の人数などで処分をせざるを得ない場合があります。ところで冷蔵庫も今まで出てきた処分品のように家庭用と会社用では処分の仕方が異なるのでしょうか?

まず結論からお伝えすると、冷蔵庫は「家電リサイクル法に則って処分」しなければなりません。また冷蔵庫に「テレビ・エアコン・洗濯機」を加えたものを総称して「家電4品目」と言います。家電4品目の処分の仕方はいくつかあります。

その中で一番のおすすめなのが、購入先の小売業者に引き渡しを行い、小売業者が製造業者まで運搬を行うという処分の仕方になります。

なぜこの処分の仕方がおすすめなのかと言えば、この方法だと契約書の締結とマニフェストの交付が不要になるからです。

ただでさえ業務対応と移転準備で忙しいはずです。可能な限り省ける作業は省いていくほうが無難なのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る